○本巣市市営バス広告取扱要領

平成30年12月3日

告示第107号

(趣旨)

第1条 この告示は、本巣市が運行する市営バス(以下「市営バス」という。)に掲出する広告の取扱いについて、本巣市有料広告掲載要綱(平成19年本巣市告示第153号。以下「要綱」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(広告の掲出場所、規格及び広告掲出料等)

第2条 広告の掲出場所、規格、広告掲出料等は別表のとおりとする。

(広告の材質)

第3条 掲出する広告の材質は、車内に掲出する広告(以下「車内広告」という。)は紙類とし、側面ガラス、車両側面及び車両後部に掲出する広告(以下「車外広告」という。)は掲出期間中に掲出場所から剥離しないもの、かつ、掲出期間の終了後に剥離跡の残らないものとする。

(広告の掲出期間)

第4条 広告の掲出期間は、月の初日から末日までの1月を単位として、連続する12月を限度とする。

(広告掲出の申請)

第5条 広告の掲出を希望する者(以下「申請者」という。)は、本巣市市営バス広告掲出申請書(様式第1号)に掲出しようとする広告の見本を添付して、広告掲出の開始を希望する日の30日前までに市長に提出するものとする。

(広告掲出の決定等)

第6条 市長は、前条に定める申請があったときは、要綱第10条第1項に定める本巣市有料広告審査委員会による審査を経て、広告の掲出の適否を決定し、本巣市市営バス広告掲出(不掲出)決定通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

2 複数の申請者が広告の掲出を希望し掲出できる枠の数を超えるときは、次の優先順位によるものとし、同じ優先順位に属する複数の申請者がある場合は、希望掲出期間が長期間の申請者を優先する。ただし、希望掲出期間が同じ場合は、抽選により決定するものとする。

(1) 市内に本社、支店、営業所、店舗等を有する法人若しくは団体又は個人事業者

(2) 市内の公共団体又は公共的団体

(3) その他市長が認めるもの

(広告の掲出方法)

第7条 前条による広告掲出の決定の通知を受けた者(以下「広告主」という。)は、次に掲げる方法により、広告を掲出しなければならない。

(1) 車内広告を掲出する広告主は、掲出する広告を市長の指定する方法により、掲載開始日の5日前までに必要部数を提出すること。

(2) 車外広告を掲出する広告主は、市営バス運行業務委託事業者と調整の上、広告物の貼付作業を行うこと。

(広告掲出料の納付)

第8条 広告掲出料は、広告主は市長が指定する期日までに市が発行する納付書により、一括して納入しなければならない。

(広告掲出料の返還)

第9条 要綱第16条第1項及び第2項に定める広告掲出料の返還する額については、掲出しなかった月数に応じて算出するものとする。この場合において、月の途中で掲出しなくなったときは、当該月の広告掲出料については返還しない。

(費用負担等)

第10条 広告主が負担する経費は次に掲げるとおりとする。

(1) 広告の作成並びに張付作業及び維持管理に係る費用

(2) 広告掲出期間が終了したとき又は掲出を中止したときの広告の撤去費用、処分費用及び原状に復する費用

(3) 広告の撤去作業及び広告の素材等に起因して、車両の外装等に塗装の剥離及び傷等が生じたときの原状に復する費用

(4) その他市長が必要と認める経費

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

別表(第2条関係)

掲出場所

規格

車両1台当たりの広告枠数

掲出可能枠数

広告掲出料(1枠につき1月あたり)

車内広告

縦364mm×横515mm以内

7

14

1,000円

車外広告

側面ガラス

縦400mm×横1000mm以内

5

10

3,000円

車両側面

縦700mm×横1000mm以内

3

6

4,000円

車両後部

縦300mm×横1300mm以内

1

2

5,000円

画像

画像

本巣市市営バス広告取扱要領

平成30年12月3日 告示第107号

(平成30年12月3日施行)