○本巣市織部の里もとす条例施行規則

平成30年3月27日

規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、本巣市織部の里もとす条例(平成16年本巣市条例第124号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の申請)

第2条 条例第9条第1項の規定による行為の許可を受けようとする者は、織部の里もとす利用許可申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

(利用の許可等)

第3条 指定管理者は、前条の申請書の提出があったときは、速やかに内容を審査し、織部の里もとす(以下「施設」という。)の利用を許可したときは、申請者に織部の里もとす利用許可書(様式第2号)を、利用の許可をしなかったとき、又は条例第11条の規定により利用の許可を取り消したときは、織部の里もとす利用不許可(取消し)通知書(様式第3号)を申請者に交付するものとする。

(利用料金の減免)

第4条 条例第14条の規定により、利用料金の減免を受けようとする者は、利用申込みに併せて、織部の里もとす利用料金減免申請書(様式第4号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の申請書の提出があったときは、速やかに内容を審査し、その結果を織部の里もとす利用料金減免(承認・不承認)通知書(様式第5号)により申請者に通知するものとする。

(遵守事項)

第5条 施設を利用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設、設備等を損傷し、又は汚損しないこと。

(2) 他人に危害又は迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(3) 他人に危害又は迷惑を及ぼす物を携帯しないこと。

(4) 火気の使用に十分注意すること。

(5) 施設内に危険物を持ち込まないこと。

(6) 施設を損傷し、又は滅失したときは、直ちに指定管理者に届けること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者が指示する事項

2 指定管理者は、施設を利用する者が前項の規定に違反した場合は、その行為をやめることを指示し、これに従わないときは、施設から退去を命ずることができる。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、施設の管理運営に関し必要事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

本巣市織部の里もとす条例施行規則

平成30年3月27日 規則第15号

(平成30年4月1日施行)