○本巣市議会災害対策規程

平成23年10月1日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、本巣市議会(以下「議会」という。)及び議員の災害対策について必要な事項を定めるものとする。

(対応等)

第2条 議会は、災害が発生し、本巣市災害対策本部(以下「本部」という。)が設置された場合は、直ちに必要な支援体制をとるものとする。

2 議員は、居所、連絡場所及び自己の被害状況を議長に連絡する。

3 議員は、避難所等において自治会長、自主防災組織の長等(以下「自治会長等」という。)への支援及び協力を行うものとする。

4 前項の規定にかかわらず、議長及び副議長は、正副議長室に参集する。ただし、議長及び副議長に事故があるときは、あらかじめその指名する議員がその職務を代理する。

(1) 議長に事故があるとき又は議長が欠けたときは副議長が代行する。

(2) 正副議長に事故があるとき又は正副議長が欠けたときは議会運営委員長が代行する。

(3) 正副議長及び議会運営委員長に事故があるとき又は正副議長及び議会運営委員長が欠けたときは、総務企画委員長が代行する。

5 議長は、必要に応じて本巣市議会災害対策委員会(以下「委員会」という。)を設置することができる。

(委員)

第3条 委員会の委員は、議長、副議長及び議会運営委員会委員で組織する。

(所掌事項)

第4条 議員の所掌事項は、次のとおりとする。

(1) 避難所等において、自治会長等への支援及び協力に関すること。

(2) 被災者からの相談及び被災者への助言に関すること。

(3) その他議長が必要と認める事項

2 議長及び副議長の所掌事項は、次のとおりとする。

(1) 本部からの情報の収集に関すること。

(2) 議員からの要請の受入れに関すること。

(3) 本部への情報提供に関すること。

(4) その他議長が必要と認める事項

(要請)

第5条 市の災害対策に対する要請は、委員会で決定した事項について議長が本部へ行うものとする。

(会議の庶務)

第6条 会議の庶務は、議会事務局において処理する。

(委任)

第7条 この訓令に定めるもののほか、議会及び議員の災害対策について必要な事項は、議長が定める。

附 則

この訓令は、平成23年10月1日から施行する。

本巣市議会災害対策規程

平成23年10月1日 議会訓令第1号

(平成23年10月1日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
平成23年10月1日 議会訓令第1号