○本巣市地域見守り活動事業実施要綱

平成23年3月25日

告示第25号

(目的)

第1条 誰もが住みなれた地域の中で安心して暮らせるよう、援助を必要としている人たちを見守り、支え合うため、本巣市地域福祉協力員(以下「福祉協力員」という。)による見守り活動を実施し、この活動により発見した福祉課題に、迅速に対応できる体制を確保することを目的とする。

(事業の委託)

第2条 地域見守り活動事業は、社会福祉法人本巣市社会福祉協議会(以下「社会福祉協議会」という。)に委託して行うものとする。

(社会福祉協議会の行う業務)

第3条 社会福祉協議会は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 福祉協力員が行う見守り活動の状況を把握すること。

(2) 福祉協力員に対する研修、指導及び助言を行うこと。

(3) 福祉協力員が見守り活動において福祉課題を発見した場合は、速やかに報告するよう指示し、その報告を受けた場合は福祉課題に対応するため、当該地域を担当する民生委員、児童委員及び関係機関と連絡調整を行うこと。

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認めること。

(報告)

第4条 福祉協力員は、活動した内容を4月から9月まで及び10月から翌年3月までの各半期毎に、地域見守り活動報告書(様式第1号)により、当該各半期満了の翌日から20日以内に社会福祉協議会に報告するものとする。

2 社会福祉協議会は、委託を受けた事業の実績について、4月から9月まで及び10月から翌年3月までの各半期毎に、地域見守り活動事業実績報告書(様式第2号)により、前項の規定による報告を受けた後すみやかに市長に報告するものとする。

3 社会福祉協議会は、前項の規定により地域見守り活動事業実績報告書を提出するときは、第1項に規定する地域見守り活動報告書を添付するものとする。

(委任)

第5条 この告示に定めるもののほか、地域見守り活動事業に関して必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年告示第21号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

本巣市地域見守り活動事業実施要綱

平成23年3月25日 告示第25号

(平成24年3月27日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成23年3月25日 告示第25号
平成24年3月27日 告示第21号