○本巣市葬祭料助成金支給要綱

平成23年3月25日

告示第24号

(目的)

第1条 この告示は、市民が死亡又は死産した場合において、葬祭に要した費用の一部を助成することにより、葬祭を行った者の経済的負担の軽減を図り、もって市民の福祉に資することを目的とする。

(助成対象者)

第2条 葬祭料助成金(以下「助成金」という。)の支給を受けることができる者(以下「助成対象者」という。)は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき本市の住民基本台帳に記録されている者が死亡又は死産し、当該死亡者又は死胎児の葬祭を行った者とする。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、死亡者が死亡した時において12歳以上の場合は30,000円、12歳未満の場合は20,000円とし、妊娠4月以上の死胎児の場合は10,000円とする。

(助成金の支給申請)

第4条 助成金の支給を受けようとする助成対象者は、死亡届又は死産届を提出した日から起算して6月以内に、葬祭料助成金支給申請書兼請求書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(助成金の支給)

第5条 市長は前条の規定による葬祭料助成金支給申請書兼請求書の提出があったときは、その内容を審査し、助成金を支給することが適当と認めるときは、その旨の決定をし、同条の助成対象者に助成金を支給するものとする。

(助成金の返還)

第6条 市長は、偽りその他不正の手段により助成金の交付を受けた者があるときは、その者から、その支給を受けた助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第7条 この告示に定めるもののほか、助成金の支給に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成23年4月1日から施行し、この告示の施行後に死亡又は死産した死亡者又は死胎児の葬祭について適用する。

附 則(平成24年告示第108号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成29年告示第21号)

(施行期日)

1 この告示は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の本巣市葬祭料助成金支給要綱の規定は、この告示の施行の日(以下「施行日」という。)以降に死亡又は死産をした者に係る支給申請から適用し、施行日前に死亡又は死産をした者に係る支給申請については、なお従前の例による。

画像

本巣市葬祭料助成金支給要綱

平成23年3月25日 告示第24号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成23年3月25日 告示第24号
平成24年6月29日 告示第108号
平成29年3月9日 告示第21号