○本巣市障がい者就労支援センター条例

平成23年3月29日

条例第9号

(設置)

第1条 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」という。)第4条第1項に規定する障害者に就労又は技能の習得に必要な機会及び便宜を与え、その自立を助長するとともに、生きがいを高めることを目的とした事業を行うため、本巣市障がい者就労支援センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

本巣市障がい者就労支援センターほたる

本巣市曽井中島1170番地6

本巣市障がい者就労支援センター杉の子

本巣市七五三674番地4

本巣市障がい者就労支援センターみつば

本巣市政田663番地

(指定管理者による管理)

第3条 センターの管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせるものとする。

(指定管理者の行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 法第5条第15項の就労継続支援又は法第77条第1項第3号若しくは第9号に規定する事業の実施に関する業務

(2) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準(平成18年厚生労働省令第171号。以下「指定障害福祉サービス基準」という。)に規定する利用者負担額に関する業務

(3) センターの施設及び附属設備の維持管理に関する業務

(4) センターの運営に関する業務のうち、市長のみの権限に属する事務を除く業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 指定管理者がセンターの管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年を限度とする。ただし、再指定を妨げない。

(開所時間及び休所日)

第6条 センターの開所時間及び休所日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者が特に必要と認めるときは、あらかじめ市長の承認を得てこれを変更することができる。

(1) 開所時間 午前8時30分から午後5時まで

(2) 休所日

 日曜日及び土曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

 12月29日から翌年の1月3日までの日

(センターの利用者)

第7条 センターが実施する事業を利用することができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 第4条第1号の事業を利用する者

(2) 前号に掲げるもののほか、指定管理者が認める者

2 前項の規定によりセンターが実施する事業を利用する者(以下「センター利用者」という。)は、指定障害福祉サービス基準に規定する利用者負担額を指定管理者に支払うものとする。

(利用の制限)

第8条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、センターの利用を制限し、若しくは停止し、又はその承認を取り消すことができる。

(1) 感染性疾患があると認められるとき。

(2) 継続して施設を利用することができないと認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、施設の管理運営に支障をきたすおそれがあると認められるとき。

(遵守事項)

第9条 センター利用者は、指定管理者の指示に従うとともに、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 暴力を振うなど他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(2) 施設及び備品を損傷又は汚損しないこと。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。

(本巣市糸貫高齢者生きがいセンター条例等の廃止)

2 本巣市糸貫高齢者生きがいセンター条例(平成16年本巣市条例第97号)及び本巣市地域活動支援センター条例(平成16年本巣市条例第101号)は、廃止する。

附 則(平成25年条例第1号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

本巣市障がい者就労支援センター条例

平成23年3月29日 条例第9号

(平成25年4月1日施行)