○本巣市指定管理者選定委員会設置要綱

平成20年10月21日

訓令甲第19号

(趣旨)

第1条 この訓令は、本巣市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成16年本巣市条例第62号)第3条の規定に基づく公の施設の指定管理者の選定を適正かつ公正に実施するため、指定管理者選定委員会の設置及び運営に関し、必要な共通事項を定めるものとする。

(委員会の設置)

第2条 市長又は教育委員会は、指定管理者の選定を行おうとするときは、当該選定を行おうとする公の施設ごとに指定管理者選定委員会(以下「委員会」という。)を設置するものとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長又は教育委員会は、施設の設置目的が類似する複数の公の施設について、同時に指定管理者の選定を行おうとするときは、当該複数の公の施設をもって1の委員会を設置することができる。

3 委員会の設置期間は、当該公の施設の指定管理者の選定に必要な期間とする。

(所掌事務)

第3条 委員会は、次に掲げる事項について調査審議する。

(1) 当該公の施設の指定管理者の選定基準の策定の関する事項

(2) 当該公の施設の指定管理者の選定に関する事項

(組織)

第4条 委員会は、委員長、副委員長及び委員若干人をもって組織する。

2 委員長は、副市長をもって充てる。

3 副委員長は、総務部長をもって充てる。

4 委員は、次の各号に定める者をもって充てる。

(1) 当該施設を所管する部等の長

(2) 当該施設を所管する課等の長

(3) 総務部総務課長

(4) その他委員長が必要と認める者

5 委員が欠けたとき、又は事故があるときは、当該委員の所属する部等の次席の者が、その職務を代理することができるものとする。

(委員長)

第5条 委員長は、委員会を統括する。

2 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、必要に応じ委員長(前条第2項に規定する職務の代理者を含む。以下同じ。)が招集する。

2 会議の議事は、出席委員の半数以上の合意に基づき委員長が決する。

(意見の聴取)

第7条 委員会において、審議のため必要があるときは、委員長は、関係者から意見を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(委員の責務)

第8条 委員は、公平、公正に審査を行わなければならない。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、当該公の施設を所管する課において処理する。

(補則)

第10条 この訓令の定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が会議に諮って定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年訓令甲第6号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

本巣市指定管理者選定委員会設置要綱

平成20年10月21日 訓令甲第19号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第5章 産/第1節 財産管理
沿革情報
平成20年10月21日 訓令甲第19号
平成22年3月26日 訓令甲第6号