○本巣市うすずみふれあいプラザ条例

平成20年3月31日

条例第2号

(設置)

第1条 鉄道利用者の利便に供するとともに、樽見駅を中心とした地域情報の発信や文化の進行を図り、地域の活性化及び市民の交流に資することを目的として、うすずみふれあいプラザ(以下「プラザ」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 プラザの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

うすずみふれあいプラザ

本巣市根尾樽見21番地1

(施設)

第3条 プラザの施設は、待合室、管理室、自由通路、掲示設備、うすずみ広場、公衆トイレ、駐車場、駐輪場、その他付帯する施設とする。

(使用の許可)

第4条 プラザの施設のうち自由通路、掲示設備又はうすずみ広場を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、管理上必要があるときは、前項の許可について必要な条件を付することができる。

(使用の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、プラザの使用を許可しない。

(1) その使用が公の秩序又は善良な風俗を乱す恐れがあると認めるとき。

(2) その使用が施設又は設備を損傷する恐れがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げる場合のほか、その使用を不適当と認めるとき。

(使用時間)

第6条 使用時間は、午前9時から午後4時までとする。ただし、市長は事情により変更することができる。

(使用料)

第7条 プラザの使用料は無料とする。

(権利譲渡等の禁止)

第8条 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、その使用することのできる権利を他の者に譲渡し、又は転貸してはならない。

(目的外使用の禁止)

第9条 使用者は、許可された目的以外の目的に使用してはならない。

(使用の許可の取消し等)

第10条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合、当該許可に係る使用の条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は当該許可を取り消すことができる。

(1) 使用者がこの条例に違反したとき。

(2) 使用者が偽り、その他不正の行為により使用の許可を受けたとき。

(3) 使用者が使用許可の条件に違反したとき。

(4) その他市長が特に必要と認めたとき。

2 前項の規定により使用の許可を取り消し、又は使用を中止し、若しくは退場させた場合において、使用者が受けた損害については、市長はその責めを負わない。

(利用者の義務)

第11条 使用者は、プラザの利用に際しては、この条例及び市長の指示に従わなければならない。

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、プラザの使用を終了したときは、直ちに当該施設を現状に回復し、又は搬入した物件を撤去しなければならない。第10条の規定により使用の許可の取消し又は使用の中止を受けたときも同様とする。

2 市長は、使用者が前項の義務を履行しないときは、これを現状に回復し、これに要した費用を使用者から徴収する。

(損害賠償の義務)

第13条 使用者は、故意又は過失によって施設又は設備を損傷し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、賠償額の全部又は一部を免除することができる。

(補則)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(本巣市根尾観光物産センター条例の廃止)

2 本巣市根尾観光物産センター条例(平成16年本巣市条例第138号)は、平成20年3月31日に廃止する。

本巣市うすずみふれあいプラザ条例

平成20年3月31日 条例第2号

(平成20年4月1日施行)