○本巣市畦畔管理作物助成金交付要綱

平成18年6月12日

告示第73号

(総則)

第1条 市は、市内の農地及びその農地に連続した一体とみなされる土地等の畦畔管理の省力化及び景観保全のために畦畔管理作物の植栽を行った者に対し、助成金を交付するものとする。

(定義)

第2条 この告示において、畦畔管理作物(以下「管理作物」という。)とは、雑草管理や崩壊防止の補修作業等、畦畔管理の省力化のために畦畔に植栽される種子繁殖性の植物をいう。

(助成対象等)

第3条 助成金の交付を受けることができる者は、市内において活動する農事改良組合等の農業者組織とする。

2 助成金の交付は、同一植栽地に対して一度限りとする。

(助成金の額)

第4条 助成金の額は、管理作物の植栽にかかる原材料費の3分の1以内の額とし、予算の範囲内とする。

(事業計画)

第5条 助成金の交付を受けようとする者は、地域農業者と連携して団地化を図り、植栽の事前準備等周到に計画し、畦畔管理作物助成金事業計画書(様式第1号)を毎年4月末日までに市長に提出するものとする。

(助成金の交付申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする者は、畦畔管理作物助成金交付申請書(様式第2号)を市長に提出するものとする。

(助成金の交付決定)

第7条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、その申請内容の審査及び現地確認を行い、その決定について、畦畔管理作物助成金交付決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(助成金の交付請求)

第8条 前条の規定により決定した助成金の交付を受けようとする者は、畦畔管理作物助成金交付請求書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(交付決定の取消し等)

第9条 市長は、偽りその他不正の手段により助成金を受けた者があるときは、助成金の交付決定の全部若しくは一部の取り消し、又は既に交付した助成金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(管理の義務)

第10条 助成金の交付を受けた者は、植栽後の雑草管理等、当該地の畦畔の保全のために適切な管理を行わなければならない。

(補則)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成20年告示第32号)

(施行期日)

1 この告示は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の告示第4条の規定により算出した助成金の額と改正前の告示第4条の規定により算出した助成金の額が減額となる場合は、次の各号によるものとする。

(1) 平成19年度の助成金については、従前の例による。

(2) 平成20年度の助成金については、減額となる助成金等の額の2分の1の額を加えた額を交付するものとする。

画像

画像

画像

画像

本巣市畦畔管理作物助成金交付要綱

平成18年6月12日 告示第73号

(平成20年3月11日施行)