○本巣市樽見鉄道運営維持費補助金交付要綱

平成17年3月31日

告示第21号

本巣市樽見鉄道運営維持費補助金交付要綱(平成16年本巣市告示第9号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この告示は、樽見鉄道の経営の安定化を図るため、予算の範囲内において、樽見鉄道に対し補助金を交付することについて、本巣市補助金等交付規則(平成16年本巣市規則第32号)に定めるもののほか、必要な事項を定める。

(補助対象事業)

第2条 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、樽見鉄道の維持運営に必要な事業とする。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、他市町との協議により定めた額に補助金の交付を受けようとする事業年度に樽見鉄道が本巣市に支払う固定資産税相当額その他市長の認める額を加えた額から、本巣市の他の樽見鉄道に関する補助制度による補助金の額を控除した額とする。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、補助の対象となる事業年度の当初に本巣市樽見鉄道運営維持費補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 補助金交付申請内訳書(様式第2号)

(2) 事業計画書

(3) 固定資産税額支払明細書(各市町村別固定資産別)

(4) 損益計算書

(5) 工事に関する明細書

(6) 沿線市町補助金明細書

(7) その他市長が必要と認めた書類

(補助金の交付決定)

第5条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、補助金の交付の適否を決定する。

(決定の通知)

第6条 市長は、補助金の交付を決定したときは、速やかにその決定の内容及びこれに条件を付した場合にはその条件を本巣市樽見鉄道運営維持費補助金交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(請求の手続き)

第7条 補助金の交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、本巣市樽見鉄道運営維持費補助金交付請求書(様式第4号)により、補助金の交付を請求するものとする。

(交付方法)

第8条 市長は、前条の規定による請求があったときは、概算払により補助金を交付することができる。

(完了報告)

第9条 補助事業者は、補助対象事業が完了したときは、速やかに補助事業完了報告書(様式第5号)に、次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 収支決算書

(2) 国及び県による補助制度事業の明細書

(3) その他市長が必要と認める書類

(交付金額の確定)

第10条 市長は、前条の完了報告を受けたときは、その内容を審査するとともに、必要に応じ調査等を行い、交付すべき補助金の額を確定し、本巣市樽見鉄道運営維持費補助金の額の決定通知書(様式第6号)により補助事業者に通知するものとする。

2 市長は、交付した補助金の額に前項の確定額を超える差額があるときは、その超える額を速やかに返還させるものとする。ただし、経営の安定が認められるまでは、その返還を求めないものとする。

(補助金の経理等)

第11条 補助事業者は、補助金に関する書類、帳簿等を補助金の交付を受けた日の属する会計年度の終了後5年間保存しなければならない。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年告示第73号)

この告示は、公布の日から施行し、平成20年度分の予算に係る補助金から適用する。

附 則(平成23年告示第47号)

この告示は、公布の日から施行し、平成23年度分の予算に係る補助金から適用する。

附 則(平成24年告示第3号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

本巣市樽見鉄道運営維持費補助金交付要綱

平成17年3月31日 告示第21号

(平成24年1月12日施行)