○本巣市NEO桜交流ランド条例

平成16年2月1日

条例第136号

(設置)

第1条 住民の健康増進と観光事業の振興を図るとともに、魅力あるふるさとを創出するため、NEO桜交流ランド(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

NEO桜交流ランド

本巣市根尾門脇422番地

(指定管理者による管理)

第3条 施設の管理は、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の利用時間及び休業日の変更に関する業務

(2) 施設の利用の許可に関する業務

(3) 利用料金の納付期日を定める業務

(4) 利用料金の免除に関する業務

(5) 第11条の規定による利用の許可の取消し等に関する業務

(6) 原状回復に係る業務

(7) 施設の設備の維持管理に関する業務

(8) 前各号に掲げるもののほか、施設の運営に関する事務のうち、市長のみの権限に属する事務を除く業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 指定管理者が施設の管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年を限度とする。ただし、再指定を妨げない。

(利用時間)

第6条 施設の利用時間は、別表第1のとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、利用時間を変更することができる。

(休業日)

第7条 施設(宿泊施設及び温泉スタンドを除く。)の休業日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日(当該月曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日である場合には、その翌日)

(2) 12月27日から翌年の1月1日まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、休業日を変更することができる。

(利用の許可)

第8条 施設において、次に掲げる行為をしようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売その他これに類する行為をすること。

(2) 業として写真又は映画の撮影をすること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 展示会、競技会、集会その他これらに類する催しを行うこと。

(5) 広告物を掲示し、又は広告等を配布すること。

2 前項の許可を受けようとする者は、利用の目的、内容、場所、期間その他規則で定める事項を記載した申請書を指定管理者に提出し、その許可を受けなければならない。

3 指定管理者は、第1項の許可に施設の管理上必要な条件を付けることができる。

4 指定管理者は、施設の管理上支障があると認めるとき、又は施設を利用させることが適当でないと認められるときは、許可をしないことができる。

(利用の制限)

第9条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その利用を制限し、又は禁止することができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設及び設備を損傷し、又は汚損するおそれがあると認められるとき。

(3) その他施設を利用させることが適当でないと認められるとき。

(行為の禁止)

第10条 利用者は、施設において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設の設備等を損傷し、又は汚損すること。

(2) 他人に危害を加え、又は迷惑を及ぼす行為をすること。

(3) その他施設の利用及び管理に支障のある行為をすること。

(利用許可の取消し等)

第11条 指定管理者は、第8条の規定により許可を受けた者が次の各号のいずれかに該当する場合は、利用の許可を取り消し、又は利用の中止を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(2) この条例に基づく許可の条件に違反したとき。

(3) 許可を受けた目的以外に利用することが明らかになったとき。

(4) 施設の管理上指定管理者が必要と認めてする指示に従わないとき。

(5) 詐欺その他不正な行為により、この条例に基づく許可を受けたことが明らかになったとき。

(6) 前各号に掲げる場合のほか、指定管理者が特に必要と認めるとき。

(利用料金の納入)

第12条 施設を利用しようとする者は、別表第2に定める額又は別表第2の範囲内において指定管理者が算定し、市長の承認を得て定めた額(以下「利用料金」という。)を指定管理者に納入しなければならない。

2 前項の利用料金は、前納しなければならない。ただし、指定管理者が特別の理由があると認める場合は、この限りでない。

(利用料金の収入)

第13条 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第8項の規定により、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(利用料金の減免)

第14条 指定管理者は、公益上その他特別の理由があると認める場合は、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の不還付)

第15条 既納の利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者が必要と認める場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(原状回復の義務)

第16条 第8条の規定により許可を受けた者は、当該許可に係る行為が終了したときは、直ちに利用場所を原状に回復しなければならない。第11条の規定により利用の許可を取り消されたときも同様とする。また、施設利用者についても原状回復に努めなければならない。

(損害の賠償)

第17条 利用者が故意又は過失により施設等を損傷したときは、利用者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前のNEO桜交流ランドの設置及び管理に関する条例(平成7年根尾村条例第24号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(合併に伴う特例)

3 この条例の施行の日以後最初に行う指定管理者の指定の期間は、第5条の規定にかかわらず、平成21年3月31日までとする。

附 則(平成20年条例第31号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

区分

期間

時間

温泉施設(これに附属する施設設備を含む。)

4月から10月まで

午前10時から午後8時まで

11月から3月まで

午前10時から午後7時まで

遊具施設及びパターゴルフ場施設

4月から10月まで

午前10時から午後5時まで

11月から3月まで

午前10時から午後4時まで

別表第2(第12条関係)

1 温泉施設

(1) 入浴料

基本料金

区分

単位

料金(消費税込)

摘要

大人

1回

850円以内

12歳以上

小人

1回

500円以内

3歳以上12歳未満

割引料金

区分

単位

料金(消費税込)

摘要

大人

12回券

8,500円以内

12歳以上

小人

12回券

5,000円以内

3歳以上12歳未満

(2) 研修室及び和室

区分

単位

料金(消費税込)

研修室及び和室8畳間

1時間

700円

和室10畳間

1時間

800円

(3) 附属設備

区分

単位

料金(消費税込)

カラオケ

1曲

100円

マッサージ機

1回

100円

2 宿泊施設

区分

単位

料金

摘要

宿泊

洋室

1人1泊

14,000円以内

消費税、入湯税及び特別地方消費税を含まない。

温泉施設の入浴料を含む。

小学校の児童については、料金の2分の1を下回らない範囲内で別に定めることができる。

和室

1人1泊

18,000円以内

休憩

洋室

1人4時間を超え6時間以内

9,400円以内

消費税を含まない。

6時間を超える場合又は午後5時以降に利用する場合は、宿泊料金の額とする。

宿泊を伴わない場合の2時間以内の休憩料金については、洋室7千円以内、和室9千円以内とする。

2泊以上継続して宿泊する場合の到着日及び出発日を除く宿泊期間中の休憩料金については、無料とする。

1人2時間を超え4時間以内

7,000円以内

1人2時間以内

4,700円以内

和室

1人4時間を超え6時間以内

12,000円以内

1人2時間を超え4時間以内

9,000円以内

1人2時間以内

6,000円以内

大広間

四五畳

1室1日

20,000円以内

消費税を含まない。

1室半日

10,000円以内

1室3時間以内

8,000円以内

浴場

家族風呂

1室1時間以内

2,000円以内

消費税を含まない。

1時間を超える場合は、30分増すごとに500円を加算した額とする。

指定管理者が定める附属設備等

市長が定める額

 

3 附属施設

区分

単位

料金(消費税込)

温泉スタンド

1回

50円

パターゴルフ場

大人(小学校の児童及び乳幼児以外の者をいう。)

土曜日、日曜日及び休日

1人1回

800円

その他の日

1人1回

500円

小人(小学校の児童以下をいう。)

土曜日、日曜日及び休日

1人1回

400円

その他の日

1人1回

250円

パターゴルフ管理ハウス

会議室

1日

12,000円以内

半日

6,000円以内

3時間以内

5,000円以内

遊具施設

1台1時間

100円

ふるさと体験工房

パン工房

1回

1,000円以内

陶芸工房

1回

2,000円以内

指定管理者が定める附属設備等

指定管理者が定める額

注 この表において休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

本巣市NEO桜交流ランド条例

平成16年2月1日 条例第136号

(平成21年4月1日施行)