○本巣市農業委員会規程

平成16年2月1日

糸貫農業委員会訓令甲第1号

(目的)

第1条 この訓令は、本巣市農業委員会(以下「委員会」という。)の円滑な運営を図るため、その組織及び運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(区域)

第2条 委員会の区域は、本巣市の全域とする。

(事務所の所在)

第3条 委員会の事務所を、本巣市三橋1101番地6に置く。

(所掌事務)

第4条 委員会は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第6条第1項から第4項までに規定する事項のほか、これに附帯する事項を処理する。

(組織)

第5条 委員会は、次の委員をもって組織する。

(1) 法第8条第1項の規定により任命された委員

(2) 法第17条第1項の規定により委嘱された委員

(会長及び職務代理者)

第6条 委員会に、会長1人及びその職務を代理する者(以下「職務代理者」という。)1人を置く。

2 会長の互選は、無記名投票で行い、投票の最多数を得た者を当選人とする。ただし、得票数が同じであるときは、くじで定める。

3 前項の互選は、委員に異議のないときは、指名推選の方法を用いることができる。

4 指名推選の方法を用いる場合においては、被指名人をもって当選人と定めるべきかどうかを会議に諮り、委員の全員の同意があった者をもって当選人とする。

5 前3項の規定は、職務代理者の互選について準用する。

6 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

7 会長は、非常勤とする。

8 会長が欠けたとき、又は事故があるときは、職務代理者がその職務を代理する。

9 会長は、委員として任期が満了したときは、その地位を失う。

10 委員会は、その所掌事務を行うにつき会長を不適当と認めるときは、出席委員の過半数の賛成による決議により、これを解任することができる。

(会議)

第7条 委員会の会議は、法令に規定するもののほか、別に定める本巣市農業委員会会議規則(平成16年本巣市糸貫農業委員会規則第1号)の定めるところによる。

(事務局)

第8条 委員会の事務を処理するため、別に定める本巣市農業委員会事務局規程(平成16年本巣市糸貫農業委員会訓令第2号)により、本巣市農業委員会事務局を置く。

(公示)

第9条 委員会の公示、その他の公表を要するものについては、本巣市公告式条例(平成16年本巣市条例第3号)の例による。

(身分を示す証票)

第10条 第5条第1号の委員の身分を示す証票を、様式第1号のとおり定める。

2 第5条第2号の委員の身分を示す証票を、様式第2号のとおり定める。

(公印の種類及び寸法等)

第11条 委員会、会長及び職務代理者の公印の種類、名称及び寸法は、別表のとおりとする。

(公印の保管)

第12条 公印の保管は、本巣市農業委員会事務局規程第2条第1項第1号に規定する事務局長(以下「保管者」という。)が行う。

2 公印は、常に確実に保管しなければならない。

3 公印は、所定の保管場所以外に持ち出してはならない。ただし、保管者の承認を受けた場合は、この限りでない。

4 公印の保管者は、公印台帳(様式第3号)を備え、公印の新調、改刻、廃止その他必要な事項を記載しなければならない。

(公印の新調及び改刻等)

第13条 公印の保管者は、公印を新調し、改刻し、又は廃止しようとするときは、会長の承認を受けなければならない。

(公印の使用)

第14条 公印を使用しようとする者は、決裁済みの起案書又はこれに代わるべき書類に、押印すべき文書を添えて保管者に提示し審査を受けた後、押印するものとする。

2 電子計算組織による公印の印刷については、本巣市公印規程(平成16年本巣市訓令第4号)の例による。

(補則)

第15条 この訓令に定めるもののほか、委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、委員会が定める。

附 則

この訓令は、平成16年2月1日から施行する。

附 則(平成17年糸貫農委訓令甲第1号)

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成17年農委訓令甲第3号)

この訓令は、平成17年7月20日から施行する。

附 則(平成29年農委訓令甲第1号)

この訓令は、平成29年7月20日から施行する。

別表(第11条関係)

公印

1 本巣市農業委員会印

画像

寸法 18ミリメートル四方

2 本巣市農業委員会長印

画像

寸法 18ミリメートル四方

3 本巣市農業委員会会長職務代理者印

画像

寸法 18ミリメートル四方

画像

画像

画像

本巣市農業委員会規程

平成16年2月1日 糸貫農業委員会訓令甲第1号

(平成29年7月20日施行)