○本巣市資源類集団回収奨励金交付要綱

平成16年2月1日

告示第56号

(目的)

第1条 この告示は、廃棄物の資源化として再生可能な資源の分別回収事業(以下「資源回収」という。)を実施している団体に対し奨励金を交付し、もってごみの減量、資源の有効利用及び市民のごみ問題に対する意識の高揚を図ることを目的とする。

(交付対象)

第2条 奨励金の交付対象は、営利を目的としない団体であって市内の子供会、PTA等(以下「実施団体」という。)とする。

(対象品目)

第3条 奨励金の対象となる資源回収品目は、紙類(新聞紙、ダンボール、雑誌類、チラシ、飲料用紙容器)とする。

(奨励金の額)

第4条 奨励金の額は、回収重量に1キログラム当たり7円を乗じて得た額から資源回収業者買収価格を控除した額(10円未満の端数があるときは切り捨てる。)を交付する。ただし、1キログラム当たりの資源回収業者買取価格が7円を超える品目は、対象品目として交付しない。

(奨励金の交付申請)

第5条 奨励金の交付を受けようとする実施団体は、資源類集団回収奨励金交付申請書兼請求書(様式第1号)に資源回収業者等の計量証明等売却重量が明らかとなる書類を添付して市長に提出するものとする。

(奨励金の交付及び返還)

第6条 市長は、前条の規定により奨励金の交付申請を受けたときは、内容を審査の上資源類集団回収奨励金交付決定通知書(様式第2号)により通知し、実施団体に奨励金を交付するものとする。

2 市長は、虚偽その他不正の手段により奨励金の交付を受けたことが判明したときは、その交付額の全部又は一部を返還させることができる。

(補則)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の日の前日までに、合併前の本巣町廃棄物資源回収事業奨励金交付要綱(平成5年本巣町訓令甲第1号)、真正町資源類集団回収奨励金交付要綱(平成9年真正町要綱第10号)、糸貫町古紙類回収奨励金交付要綱(平成4年糸貫町訓令甲第8号)又は根尾村廃品集団回収事業奨励金交付要綱(平成5年根尾村要領第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

本巣市資源類集団回収奨励金交付要綱

平成16年2月1日 告示第56号

(平成16年2月1日施行)