○本巣市障害者生活支援センター条例

平成16年2月1日

条例第102号

(設置)

第1条 地域で生活する障害者(児)及びその家族の日常生活を支援し、障害者(児)の社会参加を図るため、本巣市障害者生活支援センター「えがお」(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

本巣市障害者生活支援センター「えがお」

本巣市下真桑1000番地

(事業)

第3条 センターは、次の事業を行う。

(1) 支援費制度の広報及び啓発事業

(2) 支援費制度における支援費支給申請代行、調査及び相談並びに障害者福祉サービス利用のあっせん、調整及び要請事業

(3) ケアマネジメントの実施事業

(4) 社会資源を活用するための支援事業並びに社会資源の改善及び開発事業

(5) 社会生活力を高めるための支援事業

(6) 当事者相談(ピアカウンセリング)事業

(7) 障害者のニーズに応じた専門機関の紹介事業

(8) 市長が特に必要であると認める事業

(利用時間)

第4条 センターの利用時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めたときは、利用時間を変更することができる。

(休館日)

第5条 センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めたときは、休館日を変更することができる。

(利用者)

第6条 センターを利用できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 生活支援を必要とする障害者(児)及びその家族

(2) 支援費支給申請者及びその家族

(3) 市長が特に必要と認めた者

(遵守事項)

第7条 センターを利用する者は、センターの管理上市長が必要と認めて行う指示に従わなければならない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成16年2月1日から施行する。

本巣市障害者生活支援センター条例

平成16年2月1日 条例第102号

(平成16年2月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成16年2月1日 条例第102号