○本巣市糸貫ぬくもりの里条例

平成16年2月1日

条例第96号

(設置)

第1条 市民の健康づくりと高齢者に対する在宅福祉の充実を図るとともに、市民の地域福祉活動及び文化活動を振興するため、糸貫ぬくもりの里(以下「ぬくもりの里」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ぬくもりの里の施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

糸貫保健センター

本巣市上保1261番地4

糸貫いきいきセンター

糸貫ふれあい広場

(指定管理者による管理)

第3条 ぬくもりの里の管理は、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

2 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) ぬくもりの里の利用時間及び休業日の変更に関する業務

(2) ぬくもりの里の利用の許可に関する業務

(3) 利用料金の収納に関する業務

(4) 利用料金の減免に関する業務

(5) 第8条の規定による利用の許可の取消し等に関する業務

(6) 原状回復に関する業務

(7) ぬくもりの里の施設及び設備の維持管理に関する業務

(8) 前各号に掲げるもののほか、ぬくもりの里の運営に関する事務及び市長の権限に属する事務を除く業務

3 指定管理者がぬくもりの里の管理を行う期間は、5年以内とする。ただし、再指定を妨げない。

4 指定管理者は、法令及び本条例その他本市の例規を遵守し、ぬくもりの里の管理を行わなければならない。

(利用時間及び休業日)

第4条 ぬくもりの里の利用時間及び休業日は、別表第1のとおりとする。ただし、指定管理者が特に必要と認めるときは、変更することができる。

(利用の許可等)

第5条 ぬくもりの里の施設のうち、別表第2に掲げる施設を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の許可をする場合において、ぬくもりの里の管理上必要があると認めるときは、その利用許可に条件を付すことができる。

(利用の制限)

第6条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、施設の利用を許可しない。

(1) 公安、風俗その他公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設、器具を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 施設管理上支障があると認められるとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、利用が不適当と認められるとき。

(利用権の譲渡等の禁止)

第7条 第5条の規定により利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、その権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用許可の取消し等)

第8条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、その利用の許可を取り消し、又はその利用を中止させることができる。

(1) 利用の許可申請に偽りがあったとき。

(2) 利用許可の条件に違反したとき。

(3) 第6条各号に該当する事由が発生したとき。

(4) 許可した施設を市において緊急に利用しなければならないとき。

(行為の制限)

第9条 第5条の規定により利用の許可を受けた者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他人の迷惑となる行為

(2) 施設内の指定場所以外での喫煙又は飲食

(3) 危険物、汚物、悪臭のある物その他他人の迷惑となるような物品等を携行しての入場

(4) 物品の陳列若しくは販売(使用許可に基づく販売を除く。)又は広告

(5) 前各号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる行為

(使用料)

第10条 利用者は、別表第2に定める使用料を納付しなければならない。ただし、指定管理者が公益上又は納付すべき者の生活状態その他の事情により特に必要があると認めるときは、使用料の全部又は一部を徴収しないことができる。

(施設の変更禁止)

第11条 利用者は、施設に特別の設備及び変更を加えてはならない。ただし、あらかじめ市長の許可を受けたときは、この限りでない。

(損害賠償の義務)

第12条 利用者は、施設又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない事由があると認めるときは、この限りでない。

(原状回復の義務)

第13条 利用者は、施設等の利用を終えたとき、又は利用の許可を取り消されたとき、若しくは利用の中止を命ぜられたときは、速やかに原状に回復しなければならない。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の糸貫町ぬくもりの里の設置及び管理に関する条例(平成12年糸貫町条例第17号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年条例第39号)

この条例は、平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までになされた手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年条例第33号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

施設名

利用時間

休業日

保健センター

午前9時から午後9時30分まで

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日まで

いきいきセンター

午前9時から午後9時30分まで

(1) 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その翌日とする。)

(2) 12月29日から翌年1月3日まで

ふれあい広場

日の出から日没まで

 

別表第2(第5条、第10条関係)

区分

使用料

備考

保健センター

研修室1~4

1時間につき 200円

1室当たり

調理室

1時間につき 300円

 

いきいきセンター

和室研修室

1時間につき 200円

 

研修室1・2

1時間につき 100円

1室当たり

いきいきホール

1時間につき 1,300円

 

本巣市糸貫ぬくもりの里条例

平成16年2月1日 条例第96号

(平成22年4月1日施行)