○本巣市民俗資料館条例

平成16年2月1日

条例第84号

(設置)

第1条 歴史的文化遺産その他の文化財を保存し、かつ、その活用を図り、市民の正しい郷土理解を後世に伝承するため、本巣市民俗資料館(以下「資料館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 資料館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

さくら資料館

本巣市根尾板所1063番地

本巣民俗資料館

本巣市文殊324番地

糸貫民俗資料館

本巣市七五三672番地4

真正民俗資料館

本巣市宗慶365番地

(事業)

第3条 資料館は、次に掲げる事業を行うものとする。

(1) 郷土の考古、歴史、芸術、民俗、産業、淡墨桜等に関する資料(以下「民俗資料」という。)の収集並びにこれらの保存及び展示

(2) 民俗資料に関する情報の交換及び資料の作成

(3) 入館者に対する説明、助言及び指導

(4) 民俗資料に関する専門的な調査及び研究

(5) 前各号に定めるもののほか、本巣市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認める事業

(管理及び運営)

第4条 資料館の管理及び運営は、教育委員会が行う。

(開館時間)

第5条 資料館の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、教育委員会が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第6条 資料館の休館日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が必要と認めるときは、臨時に休館日を定め、又は休館日に開館することができる。

名称

休館日

さくら資料館

1 1月1日から3月31日及び12月1日から同月31日まで

2 5月1日から11月30日までの土曜日、日曜日及び休日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日)以外の日

本巣民俗資料館

糸貫民俗資料館

真正民俗資料館

1 日曜日及び土曜日

2 国民の祝日に関する法律に規定する休日

3 1月2日及び同月3日並びに12月29日から同月31日まで

(入館の許可)

第7条 資料館に入館しようとする者は、規則の定めるところにより、教育委員会の許可を受けなければならない。

(入館者の制限)

第8条 教育委員会は、資料館の管理運営上必要と認めたときは、入館者の入館を制限することができる。

(入館料)

第9条 資料館に入館しようとする者は、別表に定める入館料を納めなければならない。

(入館料の免除)

第10条 教育委員会は、前条の入館料について、教育上その他特別の理由があると認めたときは、入館料を免除することができる。

(損害賠償等)

第11条 入館者は、建物、資料その他の物品を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に復し、又は損害を賠償しなければならない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の本巣町歴史民俗資料館の設置及び管理に関する条例(昭和61年本巣町条例第2号)、糸貫町民俗資料館の設置及び管理に関する条例(平成15年糸貫町条例第7号)又は根尾村郷土資料館の設置および管理に関する条例(昭和60年根尾村条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年条例第33号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年条例第18号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第9条関係)

名称

区分

入館料(1人1回)

個人

団体(20人以上)

さくら資料館

小学校の児童、中学校及び高等学校の生徒並びに身体障害者手帳を所持している者

100円

70円

その他の者(幼児を除く)

300円

210円

本巣民俗資料館

特別展示会開催時

その都度教育委員会が定める。

特別展示会開催時以外

無料

糸貫民俗資料館

 

無料

真正民俗資料館

 

無料

本巣市民俗資料館条例

平成16年2月1日 条例第84号

(平成22年7月6日施行)