○本巣市子どもセンター条例

平成16年2月1日

条例第76号

(設置)

第1条 児童に健全な遊びの場を提供し、その健康を増進するとともに、情操を豊かにするため、子どもセンターを設置する。

(名称及び位置)

第2条 子どもセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

子どもセンター

本巣市見延701番地

(利用者の範囲)

第3条 子どもセンターを利用できる者は、次に掲げる者とする。

(1) 児童(乳幼児は、保護者が同伴する場合に限る。)及び児童の保護者

(2) その他市長が利用させることを適当と認めた者

(職員)

第4条 子どもセンターに所長及び職員を置く。

(開館時間及び休館日)

第5条 子どもセンターの開館時間は、午前9時から午後5時までとする。

2 子どもセンターの休館日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 毎週月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日とする。

(2) 12月29日から翌年1月3日まで

3 前2項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めたときは、開館時間及び休館日を変更することができる。

(利用の制限)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、子どもセンターの利用を制限することができる。

(1) 建物、附属設備若しくは備品を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(2) 他人の迷惑となる行為をするおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、子どもセンターの管理上支障があるとき。

(利用の中止)

第7条 市長は、子どもセンターを利用する者(以下「利用者」という。)が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その利用を中止させることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(2) 前条各号のいずれかに該当する事由が発生したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、子どもセンターを利用させることが適当でない事由が発生したとき。

(使用料)

第8条 子どもセンターの使用料は、無料とする。

(原状回復の義務)

第9条 利用者は、施設の利用を終えたときは、速やかに現状を復し、職員にその旨届けなければならない。

(損害賠償の義務)

第10条 利用者は故意又は過失によって施設及び附属設備等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長が損害を賠償させる必要がないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の糸貫町子どもセンター設置及び管理に関する条例(平成13年糸貫町条例第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年条例第25号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第11号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

本巣市子どもセンター条例

平成16年2月1日 条例第76号

(平成25年4月1日施行)