○本巣市民文化ホール条例

平成16年2月1日

条例第74号

(設置)

第1条 農業、農村文化の伝承、地域連帯感の醸成を効果的に推進するため、本巣市民文化ホール(以下「文化ホール」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 文化ホールの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

本巣市民文化ホール

本巣市軽海718番地

(管理)

第3条 文化ホールの管理は、本巣市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行う。

(職員)

第4条 文化ホールに館長その他必要な職員を置く。

(開館時間)

第5条 文化ホールの開館時間は、午前9時から午後9時30分までとする。

(休館日)

第6条 文化ホールの休館日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が必要と認めたときは、臨時に休館日を定め、又は休館日に開館することができる。

(1) 月曜日(当該月曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)である場合は、その翌日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

(利用の許可)

第7条 文化ホールを利用しようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、管理上必要があるときは、前項の許可に条件を付けることができる。

(利用の制限)

第8条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは文化ホールの利用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 施設及び附属設備等を損傷又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 文化ホールの管理運営上支障があると認められるとき。

(4) その他教育委員会が利用するについて適当でないと認めるとき。

(利用許可の取消し等)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用を停止し、若しくは利用の許可を取り消し、又は退場を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 利用許可の条件に違反したとき。

(3) 利用目的以外に使用したとき。

(4) その他教育委員会が特に必要と認めたとき。

2 前項の規定により利用許可を取り消し、又は停止させた場合において、第7条の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が受ける損害については、教育委員会はその責めを負わない。

(使用料)

第10条 利用者は、別表第1及び別表第2に定める使用料を納めなければならない。ただし、教育委員会が公益上必要と認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第11条 納付された使用料は、還付しない。ただし、教育委員会が相当の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用者の義務)

第12条 利用者は、文化ホールの利用に際しては、この条例及びこれに基づく規則の規定並びに教育委員会の指示に従わなければならない。

(損害賠償)

第13条 利用者は、故意又は過失によって施設又は附属設備等を損傷し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、その全部又は一部を免除することができる。

(運営協議会)

第14条 文化ホールの管理運営に関する事項を協議するため、文化ホール運営協議会(以下「運営協議会」という。)を置く。

2 運営協議会の委員の定数は9人以内とし、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 各種団体の代表者

(2) 知識経験を有する者

(3) その他市長が必要と認める者

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員は、再任されることができる。

5 その他運営協議会に関する必要な事項は、別に定める規則による。

(委任)

第15条 この条例に定めるもののほか、文化ホールの管理及び運営について必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の真正町農村文化伝承交流施設の設置及び管理に関する条例(平成6年真正町条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年条例第9号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表第1(第10条関係)

使用料金表

時間区分

使用区分

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後9時30分まで

午前9時から午後5時まで

午後1時から午後9時30分まで

午前9時から午後9時30分まで

ホール

平日

10,000円

15,000円

20,000円

25,000円

35,000円

40,500円

土、日曜日及び休日

13,000円

20,000円

25,000円

33,000円

45,000円

52,200円

楽屋(1室)

400円

500円

400円

900円

900円

1,600円

会議室

400円

500円

400円

900円

900円

1,600円

展示ギャラリー

15,000円

備考

1 利用時間区分を超過して利用する場合1時間につき利用時間区分の使用料の30パーセントに相当する額を加算する。

2 舞台のみを利用する場合の施設使用料は、1時間当たり3,000円とする。

3 利用者が入場料等(入場料又はこれに準ずるもの)を徴収する場合の施設使用料は、その徴収金額に応じ、次のとおり加算する。

ア 入場料の最高額が1,000円未満の場合は50パーセント加算

イ 入場料の最高額が1,000円以上3,000円未満の場合は100パーセント加算

ウ 入場料の最高額が3,000円以上の場合は200パーセント加算

4 この表において休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

5 利用時間には会場準備から後片付に要する時間を含む。

別表第2(第10条関係)

附属設備使用料

区分

単位

金額

備考

舞台設備

松羽目

1式

1,190円

 

所作台

1台

360円

 

平台

1台

110円

 

指揮者台

1台

130円

 

金屏風

1双

1,200円

 

地絣

1枚

200円

 

紗幕

1張

720円

 

演台(3点セット)

1式

1,300円

 

司会者台

1台

450円

 

国・市旗パネル

各1枚

120円

 

雪カゴ

1台

110円

 

音響反射板

1式

7,000円

 

ピアノ

1台

10,000円

 

音響設備

音響装置

1式

3,800円

 

テープレコーダー

1台

420円

 

スピーカー

1式

1,800円

 

ワイヤレスマイク

1本

140円

 

16ミリ映写機

1台

4,000円

スクリーン含む。

スクリーン

1式

370円

 

照明設備

第1ボーダーライト

1列

600円

 

第2ボーダーライト

1列

600円

 

第1サスペンションライト

1列

1,800円

 

第2サスペンションライト

1列

1,200円

 

第3サスペンションライト

1列

1,200円

 

アッパーホリゾントライト

1列

880円

 

ロアーホリゾントライト

1列

1,000円

 

フットライト

1列

200円

 

フロントサイドスポット

1式

1,200円

 

シーリングスポット

1台

100円

 

センターピンスポット

1台

100円

 

天反ライト

1式

1,000円

 

フロアーコンセント

1口

100円

 

備考

午前、午後、夜間をそれぞれ1回とし、全日に当たっては3回とする。

本巣市民文化ホール条例

平成16年2月1日 条例第74号

(平成22年4月1日施行)