○本巣市視聴覚教具及び教材の貸与等に関する規則

平成16年2月1日

教育委員会規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、視聴覚教育の振興を図るため、本巣市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する視聴覚教具及び教材(以下「教具等」という。)を、学校その他教育機関、社会教育関係団体及び各種団体(以下単に「借受人」という。)に対し貸与する場合の手続その他必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「教具」とは、16ミリ映写機、スライド映写機、オーバーヘッドプロジェクター、録音機、放送機器等をいう。

2 この規則において「教材」とは、映画フィルム、スライド、ビデオテープ、録音テープ等をいう。

(借用書の提出等)

第3条 教具等の貸与を受けようとする借受人は、視聴覚教具・教材借用書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、その貸与が適当と認められるものについては、これを貸与する。

(目的外使用の禁止)

第4条 借受人は、貸与を受けた教具等を次に掲げる事項のために使用してはならない。

(1) 営利を目的とする事業のために使用すること。

(2) 特定の政党のために利用すること。

(3) 特定の宗教のために利用すること。

(転貸の禁止)

第5条 借受人は、貸与を受けた教具等を他のものに転貸してはならない。

(貸与期間)

第6条 貸与期間は、原則として7日以内とする。ただし、借受人があらかじめ教育委員会の承認を得た場合は、この限りでない。

(教材利用報告書の提出)

第7条 借受人は、貸与を受けた教材を返還する際、視聴覚教材利用報告書(様式第2号)を教育委員会に提出しなければならない。

(映写機の操作資格等)

第8条 16ミリ映写機を操作する者は、岐阜県教育委員会が交付する映写技術証を所持する者でなければならない。

(費用の負担)

第9条 借受人は、貸与を受けた教具等の輸送に要する費用の全部を負担しなければならない。

(賠償責任)

第10条 借受人は、貸与を受けた教具等を亡失し、又は損傷した場合は、教育委員会がやむを得ないと認めた場合を除き、賠償の責めに任じなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の糸貫町視聴覚教具及び教材の貸与等に関する規則(昭和57年糸貫町教育委員会規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

本巣市視聴覚教具及び教材の貸与等に関する規則

平成16年2月1日 教育委員会規則第17号

(平成16年2月1日施行)