○本巣市教育相談員等設置要綱

平成16年2月1日

教育委員会訓令甲第2号

(設置)

第1条 本巣市における教育上特別な配慮を必要とする児童及び生徒の教育相談の円滑な運営を図るため、教育相談員(以下「相談員」という。)、教育相談総括指導員(以下「総括指導員」という。)及び適応指導教室相談員(以下「適応相談員」という。)を置く。

(職務)

第2条 相談員は、児童及び生徒の教育相談、在宅者訪問相談、適正就学等の指導及び援助のため、小学校及び中学校での相談活動を行う。

2 総括指導員は、相談員が行う教育相談への指導援助を行う。

3 適応相談員は、適応指導教室を運営する。

(任命)

第3条 相談員、総括指導員及び適応相談員(以下「相談員等」という。)は、豊かな識見と実践力を有するとともに、多様な教育相談に応える資質を有する者のうちから本巣市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任命する。

(配置場所)

第4条 総括指導員及び適応相談員は、教育センターに配置する。

2 相談員は、必要に応じて小学校及び中学校に配置する。

(任期)

第5条 相談員等の任期は、1年とする。

2 相談員等は、再任されることができる。

(勤務条件等)

第6条 相談員等の勤務条件等は、本巣市嘱託員設置及び勤務条件に関する要綱(平成17年本巣市訓令甲第2号)又は本巣市日日雇用職員の雇用、労働条件等に関する要綱(平成16年本巣市訓令甲第11号)に定めるところによる。

(服務)

第7条 相談員等は、その職務を遂行するに当たっては、関係法令、条例及び規則を遵守しなければならない。

2 相談員等は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

3 相談員等は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また同様とする。

(研修)

第8条 相談員等は、常にその職務を行う上で必要な知識及び技術の習得に努めなければならない。

(補則)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年2月1日から施行する。

附 則(平成28年教委訓令甲第3号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

本巣市教育相談員等設置要綱

平成16年2月1日 教育委員会訓令甲第2号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年2月1日 教育委員会訓令甲第2号
平成28年2月24日 教育委員会訓令甲第3号