○本巣市立小学校及び中学校の就学区域を定める規則

平成16年2月1日

教育委員会規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は、学校教育法施行令(昭和28年政令第340号。以下「令」という。)第5条第2項の規定により、就学予定者が就学すべき学校を指定する場合における指定の方法について定めるものとする。

(学校の指定)

第2条 本巣市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、就学予定者が就学すべき学校の指定は、就学予定者の保護者の住所地により行うこととし、別表のとおりとする。

2 教育委員会は、第1学年への就学予定者又は転入に伴う就学者のみについて保護者から申出のあった場合で、当該校の施設が受入れ可能な児童、生徒数を超えない範囲で、前項の規定にかかわらず、当該申出により学校を指定することができる。

(特例)

第3条 第1学年への就学予定者又は転入に伴う就学者以外の市内の児童生徒が、特別の事情により、指定された学校に就学することができないとき、当該就学予定者の保護者は、令第8条の規定により、当該指定の変更を教育委員会に申し立てることができる。

2 前項の規定する特別の事情とは、次に掲げるものとする。

(1) 特別支援学級に入級させる場合

(2) 中学校3年又は小学校6年に在学中で住所を変更した場合

(3) 学期の途中で住所を変更し、その学期の終了するまでの場合

(4) 近い将来住所が確定し、現在仮住居中の場合

(5) 身体の故障により、指定された学校へ通学しがたい場合

(6) その他、指定された学校に通学しがたい場合

3 第1項の規定による申し立てがあった場合において、教育委員会が必要と認めたときは、保護者に通知するものとする。この場合において、必要な条件を付けることができる。

(補則)

第4条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の本巣町立小学校及び中学校の就学区域を定める規則(昭和59年本巣町教育委員会規則第1号)、真正町立小学校及び中学校の就学区域を定める規則(昭和57年真正町教育委員会規則第1号)又は糸貫町立小・中学校就学区域に関する規則(昭和63年糸貫町教育委員会規則第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 第2条の規定にかかわらず、平成16年4月における小学校2年生、3年生、4年生、5年生及び6年生並びに中学校2年生及び3年生は、就学区域の変更を教育委員会に申し立てることができる。

附 則(平成21年教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成21年4月1日から適用する。

別表(第2条関係)

学校名

就学区域

根尾小学校

根尾宇津志、根尾平野、根尾高尾、根尾水鳥、根尾板所、根尾樽見、根尾市場、根尾神所、根尾中、根尾越卒、根尾門脇、根尾長嶺、根尾大井、根尾天神堂、根尾長島、根尾能郷、根尾黒津、根尾越波、根尾大河原、根尾東板屋、根尾西板屋、根尾小鹿、根尾松田、根尾下大須、根尾上大須、根尾口谷、根尾奥谷

外山小学校

日当、金原、佐原、神海、木知原、外山

本巣小学校

山口、曽井中島、法林寺、文殊

一色小学校

石神、上高屋、長屋、見延、数屋、有里、隨原

土貴野小学校

屋井、七五三、早野、三橋の一部(三橋1101番地137~144、三橋1101番地4)

席田小学校

上保、郡府、北野、春近、石原、三橋(三橋1101番地137~144、三橋1101番地4を除く)、仏生寺

弾正小学校

政田、国領、下福島、温井、浅木、海老

真桑小学校

上真桑、下真桑、軽海、十四条、宗慶、小柿

根尾中学校

根尾小学校の就学区域

本巣中学校

本巣小学校、外山小学校の就学区域

糸貫中学校

席田小学校、土貴野小学校、一色小学校の就学区域

真正中学校

真桑小学校、弾正小学校の就学区域

本巣市立小学校及び中学校の就学区域を定める規則

平成16年2月1日 教育委員会規則第9号

(平成21年8月12日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年2月1日 教育委員会規則第9号
平成21年8月12日 教育委員会規則第6号