○本巣市教育委員会の教育長に対する事務委任及び職員に対する補助執行に関する規則

平成16年2月1日

規則第46号

(趣旨)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2の規定に基づき、市長の権限に属する事務の一部を教育長に委任し、本巣市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の事務を補助する職員及び教育委員会の管理に属する機関の職員に補助執行させることについては、別に定めのあるもののほか、この規則の定めるところによる。

(委任)

第2条 次に掲げる事務を委任する。ただし、重要かつ異例に属するものは、この限りでない。

(1) 教育委員会の所管に係る1物品の予定価格が500万円未満のものの売却又は棄却に関すること。

(2) 教育委員会の所管に係る1件1,000万円未満の工事その他の請負、工事用原材料の購入等の支出に関すること。

(3) 教育委員会の所管に係る1件500万円未満の物品購入、修理若しくは借入れ又は図書類の印刷の支出に関すること。

(4) 教育委員会の所管に係る1件5万円未満の食糧費の支出に関すること。

(5) 教育委員会の所管に係る物品の出納通知に関すること。

(6) 総合教育会議に関すること。

(補助執行)

第3条 次に掲げる事務(前条の規定により委任した事務を除く。)を補助執行させる。

(1) 教育委員会の所管に係る事務の予算の編成及び執行に関すること。

(2) 学校教職員の使用する住宅の管理に関すること。

(3) 市有自動車の管理に関すること。

附 則

この規則は、平成16年2月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第6号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

本巣市教育委員会の教育長に対する事務委任及び職員に対する補助執行に関する規則

平成16年2月1日 規則第46号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成16年2月1日 規則第46号
平成27年3月30日 規則第6号