○本巣市職員の服務の宣誓に関する条例

平成16年2月1日

条例第33号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第31条の規定に基づき、職員の服務の宣誓に関し、必要な事項を定めるものとする。

(職員の服務の宣誓)

第2条 新たに職員となった者は、任命権者(市町村立学校職員給与負担法(昭和23年法律第135号)第1条及び第2条に規定する職員にあっては教育委員会。以下同じ。)又は任命権者の定める上級の公務員の面前において、別記様式による宣誓書に署名してからでなければ、その職務を行ってはならない。

(委任)

第3条 この条例に定めるものを除くほか、職員の服務の宣誓に関し必要な事項は、任命権者が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において、合併前の本巣町、真正町、糸貫町又は根尾村の職員として在職していた者が、施行日において引き続き本巣市の職員となった場合には、その者は、第2条に規定する服務の宣誓があったものとみなす。

(本巣消防事務組合の職員で引き続き本巣市職員となる者に係る経過措置)

3 平成30年4月1日前に、本巣消防事務組合の職員であった者で引き続き本巣市の職員となった者に係る本巣消防事務組合職員の服務の宣誓に関する条例(昭和61年条例第4号)の規定によりなされた服務の宣誓は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成30年条例第6号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

画像

本巣市職員の服務の宣誓に関する条例

平成16年2月1日 条例第33号

(平成30年4月1日施行)